横浜(神奈川)の遺品整理ブログ

【遺品整理の注意点】生活保護受給者の遺品整理

皆様こんにちは。
遺品整理 想いての石墨です。

早速ですが今回は、『生活保護受給者の遺品整理』についてお話させていただきます。
なかなか人に聞き難い内容でもありますので、こちらでご確認いただけたらと思います。

生活保護受給者の遺品整理は誰がするのか?

相続

生活保護を受けている方は国からの補償で生活をしていました。
ですので、「遺品整理も国や役所が行ってくれるはず」とお考えの方もいらっしゃるかと思います。

ですが、国も役所も何もしてくれないのが事実です。
なぜなら、生活保護の補償は受給者が亡くなられた時点で終了となるからです。

ですので、遺品整理は原則として親族を中心に行っていくことになります。

ご親族が居ない方や、近しい血縁者が近隣に居ない場合も多くあります。
しかし、持ち主の居ない家を放置するわけにもいきませんので、遠縁でもできる限り手伝うべきであると言えます。
 
ご親族が遺品整理を行えない場合は、賃貸の連帯保証人に遺品整理をしてもらう方法もあります。
それが難しい場合は、管理会社が原状回復するしかありません。

遺品の相続は誰がするのか?

財産分与

遺品整理をする場合は、まず初めに整理する物の所有権を明確にする必要があります。

生活保護受給者の場合も通常の相続手続きと変わりません。
しかし、逆に受給者が相続する際は注意が必要です。

相続する財産に金額によっては(ある程度高額である場合は)生活保護が打ち切られてしまう可能性がございます。

お悩みでしたら、相続する前に役所やケースワーカーに相談してみると良いでしょう。

遺品整理の見積もりや費用の支払いは?

費用 見積もり

遺品整理を業者に依頼する場合は、3社を目安に見積を複数取ることが良いとされています。

なぜなら『高い費用を支払うことが出来る親類がいるのにも関わらず、なぜ生活保護を受けていたのか』と役所に問われる可能性があり、より費用の安い業者を選ぶためです。

場合によっては生活保護費の返却を求められる可能性もあるります。
思わぬ出来事に備えて、相見積もりは必ず行いましょう。

生活保護受給者が生前整理を依頼する場合や、生活保護家庭内での遺品整理を行う場合でも同様です。
業者の決定権も役所側にある為、一度役所やケースワーカーに相談して話を進めるようにしましょう。
 
作業費に関しては前述した通り、受給者が亡くなった時点で生活保護は終了する為、作業費の補助や生活保護費からの捻出はされません。

遺品整理の費用をご自分たちが負担することに納得がいかない場合もあるかと思います。
親戚間で分担するなどの負担を軽減する工夫が必要になるでしょう。

相続放棄をする場合は?

遺品整理

ここまでは、あくまで相続を行う前提でお話を進めてきました。
ですが相続放棄をする場合、そのまま処分を進めてしまうとトラブルとなってしまいます。

相続の資格がある人が故人の財産を処分する行為は、相続の意志があるとみなされてしまうからです。

この場合、処分後に相続放棄を希望しても認められないことがあります。
形見分けなども含め、自由に進めないように注意しましょう。

相続対象はプラスの物もあれば借金などのマイナスの物もございますので、まずはしっかりと確認を取ることが大事です。

遺品整理の不安があったら想いてに相談

生活保護を受けている方の遺品整理についてご覧いただきありがとうございます。
生活保護受給者は国からの補助によって生活している為、様々な行為に制限が設けられています。

遺品整理に関わらず、生前整理にも必要な手順がございます。
トラブルになってしまう前に関係各所への相談をすることをお勧め致します。

弊社では生活保護案件ついてのご相談もお受けしております。
ご不明な点やご不安なことはご気軽に弊社までお問合せください。

札幌で遺品整理・生前整理なら想いてまで

横浜市内はもちろん、神奈川県を中心に、東京・千葉・埼玉など関東全域への見積も無料となっております。
また、遺品整理やお片付けの方法に関するご質問もぜひお電話ください。
もちろん買取だけのお見積も行っておりますので、お困りの事がございましたらまずは遺品整理想いてまでご連絡ください。



遺品整理 想いて

・遺品整理士 在籍
・相続診断士 在籍
・終活カウンセラー 在籍
・遺品整理士認定協会 実地研修受講者 在籍
・遺品整理士認定協会 座学研修受講者 在籍

最上部へ最上部へ

お問い合わせはこちらから